2018.09.11

人事を尽くして天命を待つ』

佐藤大輔

人間の能力で出来る限りのことをし、あとは静かに天命にまかせることで、事の成否は人知を越えたことであり、結果がどう出ても悔いはないという心境のたとえである。

今の自分って出来る限りのことしてるかな〜って思ったら、即答で『してない』です。

これじゃ天命にまかせらんないですよね。

今の福島県をどうしたらいいのか、もっともっと真剣に考え、行動していかないと自分だけ良ければそれでいいではよくないはずです。

周りではいろんな支援活動をしてくれる方達がたくさんいます。

実際にそこにいる我々が率先して動かなければ、先には進まないですよね。

後世に福島県をどのように遺していくのか真剣に考えなければです。

人事を尽くして天命を待てるように今やるべきことを今やりましょう!

佐藤大輔社長が考える
人材育成とこれからの物流とは?

最初に運送、物流に就いたのは18歳でした。父の運送会社でアルバイトとしてトラックに乗って物を運ぶ作業でした。18歳でトラック?と今なら思うかも知れませんが、当時は普通免許でトラックに乗れたんです。思い返すと、仕事は大変ではなく楽しいものでした。荷物を持ってお客さんの所に行くと…続きをみる

万が一お客様の要望に寄り添えない、お客様ご自身でやった方がいい、依頼することでお客様に無理が出てしまう…お客様にメリットが出ないそんな場合は、正直にオーダーメイド物流が適合しないことをお伝えします。まずはお問い合わせより、いつでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム
contact

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須