2018.09.11

情けは人のためならず

佐藤大輔

「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」というのが本来の意味である。ところが、誤解釈で「情けをかけることは、結局はその人のためにならない(のですべきではない)」と思われてたりして、曖昧な使われ方をしていた方もいたかと思います。

商売を初めて、つくづく情けは人のためならずということを実感する毎日です。

今日、その言葉を聞いてあらためてことわざってすごいなぁ〜って感じました。

先人の教えは本当に重みがあります。

噛み締めれば噛み締めるほど、なるほど〜ってうなってしまいます。

私は『一期一会』という言葉が好きで、そのことを大事にしてます。

皆様にも好きな言葉とかってありますよね。

是非聞かせてほしいです。

教えてください。

佐藤大輔社長が考える
人材育成とこれからの物流とは?

最初に運送、物流に就いたのは18歳でした。父の運送会社でアルバイトとしてトラックに乗って物を運ぶ作業でした。18歳でトラック?と今なら思うかも知れませんが、当時は普通免許でトラックに乗れたんです。思い返すと、仕事は大変ではなく楽しいものでした。荷物を持ってお客さんの所に行くと…続きをみる

万が一お客様の要望に寄り添えない、お客様ご自身でやった方がいい、依頼することでお客様に無理が出てしまう…お客様にメリットが出ないそんな場合は、正直にオーダーメイド物流が適合しないことをお伝えします。まずはお問い合わせより、いつでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム
contact

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須